沖縄

沖縄のグルメ 沖縄そばの種類を極める

沖縄を代表するグルメ、沖縄そばにはソーキそば、テビチそば、三枚肉そばなどさまざまな種類があります。 まず、沖縄そば(うちなーすば)。沖縄そばは最もシンプルなそばで、ほとんどのそば屋であって、かまぼこや三枚肉などが1、2枚のっています。 そして、ソーキそばは、ソーキという豚のスペアリブがのった沖縄そばです。本ソーキと軟骨ソーキがあります。本ソーキは硬い骨に肉がついていて、軟骨ソーキは柔らかい軟骨に肉がついています。 また、三枚肉そばはというと、肉が3枚入っているイメージがありますが、豚バラ肉のことをさし、赤身と脂身が三層になっているからです。その三枚肉がメインのそばです。 一方、テビチそばを御存じでしょうか。テビチとは豚足のことです。食べてみるとトロトロでコラーゲンたっぷり。沖縄ではテビチのおでんも知られています。 ほか、中味(なかみ)という豚のモツがのった中味そば、豆腐が入った豆腐そば、さらに、よもぎそばもあります。よもぎそばは、沖縄ではヨモギのことを「フーチバー」といいますが、苦味も癖もあって、そのヨモギが生の状態で入っています。また、ヨモギを麺に練りこんであるので麺の色も緑色です。ちょっと珍しい沖縄そばです。