沖縄

沖縄の観光スポット 牧志公設市場

那覇市にある牧志公設市場は、戦後のヤミ市から続いている、那覇で最も有名な市場です。最近は、観光スポットとしても注目を集めて人気があります。 牧志公設市場では、新鮮で色鮮やかな魚、豚の足(テビチ)、バラ肉(三枚肉)、豚の顔の皮(チラガー)などが売られているのを見かけます。ほかにも、ゴーヤーやウコン、ヘチマなどもあって、いずれも沖縄の食文化に欠かせない食材がズラリと並んでいます。 また、牧志公設市場の2階ある食堂も有名です。この食堂では、市場で買った食材を有料で調理してくれます。新鮮な食材で作った沖縄料理がその場で食べられるわけです。食堂の前では、市場のおばちゃんたちが声をかけてきて呼び込みしています。もし機会があれば、その食堂に入ってみて、新鮮な食材で美味しい食事を味わってみてはいかがでしょうか。 一方、牧志公設市場では、その場で食べなくても全国発送できるお店がたくさんあります。もし、食堂で食べて美味しかった食材をお土産にするのもおすすめです。また、市場で食材を購入していなくても、2階の食堂で食事することが可能です。 地元の人々で和気あいあいとしている牧志公設市場。普段の生活を垣間見るのにもおすすめの観光スポットです。