沖縄

沖縄への交通手段 飛行機編

日本で最も人気の観光地の1つ、沖縄。今、日本をはじめ、台湾や韓国などのアジア諸国からも注目を集める人気スポットです。 その沖縄への交通手段として最もメジャーなのが、飛行機です。日本全国の主要都市から沖縄への便が出ています。現在就航しているのは、日本航空(JAL)、全日空(ANA)、そしてスカイマークエアラインズです(2007年2月現在) 特に、東京・羽田や大阪・伊丹、そして福岡からの便だと本数が多いので、早朝便や午前便、午後便など、自分の好みに合わせて飛行機の便が選べるのも魅力です。また、飛行機だと航空運賃が高いのがややネックですが、最近は「早割」「特割」などのお得な正規航空運賃もそれぞれの航空会社から発売されています。あらかじめ予定がわかっていれば、早めに便を予約して安く飛ぶ、という選択肢があります。 沖縄の玄関口は、那覇になります。一方、那覇以外にも、石垣島や宮古島、さらに久米島などへの直行便もあるので、もしピンポイントで飛びたいのであれば、離島への直行便を利用するのも手。ただし、那覇に比べて本数が極端に少ないので、人気のある夏などのシーズンだと早めに予約して座席を押さえておく必要があります。